お知らせ

2021.10.21コラム

以前よりイベント案内や活動報告など発信いたしておりましたスタッフブログではございますが、最近は、恥をかかない、悔いの残らないご葬儀に関する、様々な情報をご紹介いたしております。

今回は皆様の一番身近な゙仏具゙でもありますお珠数について、いざという時に慌てない為に、マナーや使用方法をご紹介いたします。

 

お珠数とは?

 元来、僧侶がお経を唱えた回数を数える目的で使用される仏具でした。現在は、信仰に篤くなくとも仏式のご葬儀に参列される際の社会的マナーとして、またはブレスレットやお守りとしてご愛用されておられたり、宗教が身近ではない方達にも広く周知される、最も有名な仏具の一つとも言えます。

 人間の煩悩の数である108個の玉を紐で繋ぎ、その一つひとつに仏様が宿り、身につけることで煩悩が消滅し、仏様の功徳が得られると言われており、その為、個人がそれぞれ所有し家族間であっても貸し借りは好ましくないとされております。

 

お珠数の形状について

 宗派によってお念珠とも呼ばれますが、お珠数は「本式珠数」と「略式珠数」の二つに大きく分けられます。

 

・本式珠数

 玉数は108個もちいることが多く、正式と定められた形状は宗派によって異なります。

浄土宗では二連のお珠数を交差させた形状となり、浄土真宗では玉数の決まりはなく、門徒用念珠とされる単念珠を推奨されています。単念珠の形状は略式珠数(以下にて説明)と同様の物で、男性用は紐房、女性用は松房(所属寺院により頭の有無は様々)、中には輪が大きく、数取りができない蓮如結びをあしらったお念珠が好ましいともされます。

 

・略式珠数

 片手珠数とも呼ばれ、108玉を基準に分割した数である27玉や18玉の、片手にかけて使用する輪が小さい作りが特長のお珠数となります。最近では玉の大きさに合わせ、玉数も様々なお珠数も増えており、分割された玉数にこだわる必要もありません。

 かずやの各斎場に常備しております、レンタル用のお珠数も略式珠数となり、コンパクトな為、社会的マナーとしてお珠数を持たれる方に好まれる形状ではないでしょうか。

 

・お珠数の素材・選び方

 略式珠数の男女兼用はめずらしく、基本的に玉の大きさが1㎝以上・房の色は茶色系が男性用、玉の大きさが8㎜以下・房の色は紫やピンク系が女性用と分けて販売されている事が多く、購入される際は注意が必要かと思います。

 素材も、紫檀や黒檀などの「木製」、翡翠(ひすい)や瑪瑙(めのう)、水晶などの「天然石」、菩提樹の「木の実」、琥珀(こはく)や珊瑚(さんご)といった高級素材もあれば、天然石などを模したガラスやプラスチック製の安価な物と様々で、略式珠数の選び方に正式な決まりはなく、房の形状や色、玉の大きさ含め、好みに合わせてお選びいただけます。

価格や素材に良し悪しがあるわけではありませんが、中には「珠数が切れるのは縁起が悪い、買い替えやすい安価な物でよい」という考えの方もいらっしゃいますが、珠数が切れるのは「悪縁が切れる」ともいわれ、切れる度に修理して末永く、愛着を持って大事に使い続ける方も少なくありません。愛着のあるご自身のお珠数を、いずれは子や孫に引き継がせてはいかがでしょうか?

 

 

お珠数の使用方法について

 お珠数の持ち方は宗派により違いはあるものの、基本的なマナーは共通しており、ここではご葬儀に参列される際の略式珠数をもちいた使用方法についてご説明いたします。

 男女に持ち方の違いはなく、斎場に滞在されている間は常に左手に持つことが望ましいとされており、不浄な場所であるトイレの中には持って入りません。座っている間は左手首に掛けられ、席を立たれる際は椅子や座布団の上に直に置かないよう注意が必要です。席を確保するためによく目にする光景ですが、お尻で座る所や足で踏む床や畳の上に直に置くことはマナー違反とされます。止むを得ない場合はハンカチを敷かれると安心かと思います。合掌の際は、親指と人差し指の間にお珠数を掛け、合わせた両手を輪に通し、房は下に垂らします。

※本式珠数に関しては、各宗派によりお作法は異なります。

日蓮宗では両中指に掛け、お珠数を掌に包むように持ちます。浄土宗では親指と人差し指の間に掛けますが、両手と胸の間に垂らします。この様にお珠数の形状に合わせて、宗派別に細かくお作法が定められております。詳しくは斎場にてかずやスタッフにお気軽にお声掛けください。

 中には神道やキリスト教、または無宗教者など、お珠数をもちいない方もいらっしゃいます。大切なのは、故人を偲び、弔う気持ちです。形式にとらわれず、心を込めたお参りが一番かと思います。

 

 以上、お珠数に関する由来からマナーまでご紹介させていただきましたが、あくまで基本的な内容としてのご紹介となります。地域や各宗派、各寺院などにより考え方やお作法は様々です。この機会にご自身の宗派に合わせた最寄りのお寺様にお珠数についてご相談されてはいかがでしょうか?お寺や宗教と縁遠かった方は玉と玉を繋ぐお珠数のような仏縁に出会えるかもしれません。     合掌

 

かずやコスメディア 田中丈詠


2021.10.13コラム

家族親戚が一堂に会する法事の時間。大人にとっては故人を悼む大切な時間であり、子供たちにとっては久々に親戚いとこの皆に会える楽しいひと時。

 

それぞれにとってのかけがえのない大切なひとときのように思われます。

 

大人になり、参加する立場が変わったり、自分で法事を主催する側になったりすると、「あれ?これってどうなるの?」と疑問が湧いてくる事もあるかと思います。

 

本日はわたくしが葬儀後のアフターフォローでお客様からよく頂くご質問と回答をご紹介させて頂きます。

 

■よくある質問

 

Q1.香典の表書、どう書いたらいい?

 

A.仏教葬儀の場合、日蓮宗では四十九日までは「御霊前」、四十九日後は「御佛前」と書くのが正しいとされ、極端にはどの宗教でも葬儀の香奠は「御霊前」と書いてよいとの説明がされることが多いようですが、これは俗説で、誤りです。

 

浄土真宗では亡くなった方は即浄土に往生したのであり、「霊」は認めていません。

 

「御霊前」は用いず「御佛前」となります。

 

また、とくにこだわらないとするものの、曹洞宗などの禅宗では教義に「浄土」はありませんので「成仏以前」という考え方もなく「御佛前」とするのが一般的です。

 

こうしたことから仏教儀式である法事での表書きでも中立的な表現になる「御香奠」を使うことをおすすめします。

これは「香奠をお供えする」との意味になるため、宗派を問わず使用可能です。

 

Q2 家族が遠方に住んでおり、7日後に再度集まるのは難しい事情があります。初七日を「葬儀の日、火葬の後に行った」という話を知り合いから聞きました。そういう事はできるのでしょうか?

A.弊社ではお客様のご希望に応じて対応可能です。ただし、事前に必ずお寺様(宗教者の方)へご相談が必要になります。

皆様のご希望に応じて当日初七日をご対応されるお寺様も数多くいらっしゃいます。

一方、宗派の教えに準じて実施するお考えのお寺様もあります。

火葬後にお経をあげる(還骨勤行)のは問題ないです、その後の食事はご自由どうぞ、しかし初七日は本来の教え通り、七日後に集まれる方だけ参加下さいというお寺様も一定数いらっしゃいますので、コミュニケーションを図る事が大切です。

 

Q3 四十九日は必ず亡くなってから四十九日目にやらないといけないのでしょうか?

 A.四十九日の当日にできるのが一番理想ではありますが、平日になることも多いです。

 

全員の休日が揃う事が難しい場合も多々ある為、四十九日法要は直前の土日祝日など、早めに前倒ししてされるご家庭もあります。

 

Q4. 法事で会食をすると、密になってしまわないか心配です。会席料理を食べるのは安全なのでしょうか?

 

A. 弊社では大くら亭、法事会館みいけ、和食縁尋、全ての会場においてそれぞれソーシャルディスタンス設定を行なった席でゆとりを持って安心してお食事を頂けるようご準備しております。

 

また、それでもご不安という方には法要後にお持ち帰り用の折膳を用意しております。

 

寺院やご自宅での法事の際にもお届け可能ですので、お気軽にご相談下さい。

 

 

■お知らせ■

 

2021年10月より、

「和食縁尋」発行のお料理パンフレットが新しくなりました!

 

 

 

 

以前よりもメニューが豊富になり、お客様のご要望に応えやすくなっております。

順次ホームページにUPして参ります、資料請求もご対応しておりますのでお気軽にお問い合わせ下さいませ。 

和食縁尋 https://www.washokuenjin.com/

TEL 0944-88-8430

 

かずやコスメディア本部事務所 

TEL 0968-73-3420

かずやコスメディア 繁松


  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
Home > お知らせ
資料請求
苦情・ご要望について
スタッフ募集
ページの上に戻る