お知らせ

2024.06.12コラム

6月は梅雨の時期ということもあり星空を眺める機会は少ないかもしれませんが、雲に遮られ目には見えずとも、星々の光は絶えずそこに存在しているというのはよく知られている話です。特に意識していなくとも、ふと夜空を見上げた時に、雲の切れ間から覗く星明りに心が安らぐようになったのは、私も歳をとったということなのかもしれません。

 

星明りや月明りの他にも、高台から見下ろす街の灯り、多種多様な照明器具やキャンドルに至るまで「光」というのは人々に様々な感情を湧きあがらせることがあります。時としてそれは宗教的な意味合いを持つことも少なくはありません。

 

 キリスト教では宇宙の創造は「光あれ」という神の言葉で始まったとされ、仏教では光(光明)を仏の智慧の象徴と受け止め、この智慧の光には私たちの迷いを破る力があると説いています。それだけ、「光」というものには特別な力があると信じられていたということでしょう。

 

 かずやコスメディアの斎場がある玉名、荒尾、大牟田地域では浄土真宗の門徒の方が多くおられますが、ご自宅の仏壇にある本尊を仰ぎ見れば、阿弥陀如来の背後には「後光」がさしているのが分かると思います。

「後光」という言葉自体には複数の意味がありますが、仏や菩薩の身体から発する「光」としての「後光」が皆様にとってイメージしやすいものなのではないでしょうか。よく「後光がさして見える」という使い方をされますが、これは「仏さまが放つ光のように輝いて見える」という意味で使われます。相手に対して『本当にありがたい』と思うような状況、相手が『神々しい』と拝みたくなるような状況で、しばしば使われているようです。

 

 日常の会話の中にも溶け込んだ「後光」。実は意外なところにもその影響を受けたものが存在していることを皆様はご存じでしょうか?

 それが「あみだくじ」です。

 

「あみだくじ」が漢字で「阿弥陀籤」と書くことから、なんとなくお気づきの方もいらっしゃったかもしれません。

 皆様になじみのある「あみだくじ」の形状からは想像がつきづらいですが、元々は現在のはしご状ではなく、中心から放射状に広がる円形の形をしており、現在のくじの横線にあたるものもありませんでした。その形状が阿弥陀如来の「後光」のような形だったので「あみだくじ」と呼ばれるようになったというわけです。

 

 阿弥陀如来の発する「光」が言葉を変え、形を変えて庶民の生活の中に徐々に浸透していく様子は、そこに姿形はみえずとも、どこかから見守っていてくださっているという安心感を抱かせてくれるものなのかもしれません。

 つらく悲しい出来事にうつむき歩く人々の頭上に、ほのかに星明りが浮かんでいるように、気づいていないだけでいつもどこかで誰かが見守っていてくれる。そんな風に感じることができるなら、それはとても幸せなことなのかもしれません。

 

かずやコスメディア 北原


2024.05.29コラム

生まれた日(誕生日)。亡くなった日(命日)。
あまりに身近すぎてその言葉の意味なんて考えること、ありませんよね。
亡くなった日が、「命の日」と書いて命日。
それに「生まれた日」は分かるけど、誕生日の「誕」って何?って思ってしまいます。
漢字にはその一字一字に深い意味やルーツがあります。
そこで、「誕」の意味を調べてみると…
「いつわる」「いつわり」、「嘘」、「でたらめ」
「生まれる」という意味もありますが、多くの辞典では「いつわり、嘘をいう」という意味が先に示されています。
う〜ん。。。ちょっと複雑な字だけど、おめでたい時に使う字なのかな?って思いがちですよね。しかし実際には、「苦しいこと悲しいこと」を意味しているそうです。
この世に生を受けるということ、つまり「いつわり」の生まれる日なのだとか。
「生きていくということは、苦しい、悲しいこと」
また、嘘をつかなければ生きていけない社会に生まれてきたこと…
それは「本当の世界」から、「いつわりの世界」に来た日。
語源には諸説ありますが、このような意味が込められ付けられたとも言われています。
だから、わざわざ「生まれた日」の上に「誕(いつわり)」の文字を乗せた。人は生まれた瞬間から「苦」が始まる・・・と。お釈迦様は説かれました。
何とも切ない教えですが、ここにこそ仏教の原点がありそうです。

反対に、亡くなった日の事を「命日」というのは、
死んだ日。でなくて、仏さまとしての命が生まれた日、なのだとか…
誕生日はいつわりの世界で、命日は本当の世界という意味があるというのです。
いつわりの世界に生まれてから亡くなって初めて本当の世界に行くので「命日」。
私たちはこの世で生まれてからずっと、生と死は反対のものであって、死ぬことは絶望的に暗くて悲しいことだとばかり考えてしまいます。死ぬという人生の一大事に、虚無という恐怖以上の意味を見いだせません。そういう「死」に、自分が思ってもみなかった世界を開いていくのが、仏様の教えです。

浄土真宗では、
「往生」という言葉をつかいます。単に死ぬのではなくて、「浄土に生(う)まれ往(ゆ)く」のです。
浄土に生まれるというのは、人間という限りある身が、光も生命も限りない完全な智慧と慈悲を備えた阿弥陀如来と同じ仏さまに生まれ変わるということなのです。
「命日」というのは、死んだ日でなくて、仏さまとして命を授かった日。
自身の死への恐怖や価値観、身近な人の死で訪れる悲しみや絶望を、仏教では安心や心の支えとなって導いてくださる。
そういった所からも、遥か昔より根付いてきた仏教の歴史や理由の一端を感じることが出来ますね。

言葉(漢字)の意味を考察すると、何とも不思議な発見があり、その一つ一つに長い歴史と深い意味が込められている日本語の面白さや奥深さを知ることが出来ました。

かずやコスメディア 上原


  1. 1
  2. 2
  3. 3
Home > お知らせ
資料請求
苦情・ご要望について
スタッフ募集
ページの上に戻る