葬儀の基礎知識

万が一にそなえて知っていただきたい事

会葬時のマナー

服装について

服装について

※通夜・葬儀は個人の死を悼む気持ちを表すものですので、カジュアルな服装・華美な服装・肌の露出が大きい服装は避けたいものです。

通夜

最近は告別式(葬儀)に行けない為に喪服で弔問する人が増えています。
平服で行っても失礼には当たりませんが落ち着いた服装で弔問するのがお勧めです。

葬儀・
告別式

女性

グレー、濃紺、茶など地味な色のスーツやワンピースの方が多く見られます。
化粧も髪も控えめにまとめて、アクセサリーは、結婚指輪以外はパールのネックレスまたはイヤリングのみであれば問題はありません。

男性

ブラックスーツの方が多く見られます。ダブルでもシングルでも構いません。
職場から平服で出かける場合も、ネクタイは黒か地味な色にしましょう。
結婚指輪以外は時計のみ等、シンプルにまとめるのがお勧めです。

香典の金額相場

香典の金額相場
香典の金額の相場 【単位:円】
あなたとの関係 亡くなった人 贈り手(あなた)の年齢と金額相場
20代 30代 40代以上
祖父・祖母   1万円 1~3万円 3~5万円
父・母   3~10万円 5~10万円 10万円~
義父・義母   3~10万円 5~10万円 10万円~
兄弟/姉妹   3~5万円 5万円 5万円
伯父・叔父伯母・叔母   1万円 1~2万円 1~3万円
親戚・親族・いとこ   3千~1万円 3千~2万円 3千~3万円
勤務先の上司 本人 5千円 5千~1万円 1万円~
その家族 3~5千円 3千~1万円 5千~1万円
勤務先の同僚・部下 本人 5千円 5千~1万円 1万円~
その家族 3~5千円 3千~1万円 5千~1万円
友人の親 3~5千円 3千~1万円 3千~1万円
友人との仲や故人との面識の有無で異なる。
友人同士で香典を出し合い切りの良い金額にする事もある。
友人・知人   5千円 5千~1万円 5千~1万円
隣近所 3~5千円 3千~1万円 3千~1万円
恩師 3~5千円 3千~1万円 3千~1万円

※一般的な目安の金額になります。故人様との関係性等を踏まえ、会葬者様毎にご判断下さい。

香典の表書き

香典の表書き
宗派 香典の上書き 備考 宗派がわからない時
四十九日前 四十九日後
浄土真宗本願寺派 御仏前 真宗では
【亡くなった人=即浄土】
であり、霊を認めていない
御香典
御香料
等が無難
真宗大谷派
浄土宗
日蓮宗 御霊前 御仏前
天台宗
真言宗
臨済宗
曹洞宗 御仏前 教義に「浄土」という概念がない
神道 御玉串料、御霊前、御神前 事前確認が
お勧め
キリスト教カトリック 献花料、御ミサ料 キリスト教は水引なしでもOK
キリスト教プロテスタント 献花料、弔慰料 ※御霊前は認めていない。注意!

※迷った時は「御香典」「御香料」としておけば失礼にはあたりません。

焼香の順番

焼香の順番

一般には喪主様、ご遺族のうち故人様と血縁の近い順、ついで世話役や知人など関係の深い順に行います。最近は焼香の順番にこだわる方も少なくなってきましたが、気にされる方に対して配慮されるのが無難だと思われます。

開祖 宗派 最初の作法 焼香(親指 人差し指 中指で抹香をつまんで) 数珠の持ち方 最後の作法
親鸞 浄土真宗本願寺派 祭壇に進みご遺族に一礼、ご本尊に一礼 香炉にくべる
【1~3回】 
数珠は左手。房は下
にして右手を通す 
ご本尊に向かって合掌する。     
一歩下がってご本尊に一礼      
真宗大谷派 香炉にくべる
【2回】   
法然 浄土宗 祭壇に進みご遺族に一礼、遺影に一礼  額の高さで押し頂き、焼香【1~3回】   数珠は両手親指にかけ、房は手前手首へ
下げる      
遺影に向かって合掌する。一歩下がって遺影に一例
日蓮 日蓮宗 数珠は左手。房を下にして両手ではさむ
最澄 天台宗
空海 真言宗 額の高さで押し頂き、
焼香【3回】    
栄西 臨済宗 額の高さで押し頂き、
焼香【1回】    
道元 曹洞宗 額の高さで押し頂き、
焼香【1回】その後香炉にくべる【1回】 

◎弔間者が大勢のときは、たとえ宗派が定められている場合であっても、丁重に1回焼香するようにします。

※横にスクロールして閲覧できます。

ご遺族様向け 〜基礎知識〜

礼服、喪服について

礼服、喪服について
男 性 上下セット+ネクタイ 8,000円(税抜)  
女 性 お着物        8,000円(税抜)  
※足袋・肌着・裾除購入 別途2,000円(税抜)
衣装レンタルのことなら下記へお問い合わせください

フェスティーボかずや

TEL:0968-74-3711

貸衣装

収 骨

収 骨

玉名地区では、6寸の納骨壷、大牟田・荒尾地区では5寸の納骨壷を使用するため、全ての遺骨を納めることは出来ません。
出来るだけ、全ての遺骨を収骨したいものです。
(寺院により、納骨堂に収まらないので、小さい納骨壷にとの希望もございます。)

初七日法要

初七日法要

お骨上げの後、初七日法要をご葬儀当日に合わせてされる方が多くなってきました。式場利用時間に制限がある場合もありますので、確認が必要です。
(仏式の場合、初七日の法要は亡くなられて七日目に行うのが本来です。葬儀当日の初七日法要は、寺院の確認が必要です。)

葬儀後の役所手続き

葬儀後の役所手続き

お葬式の後は、早急に様々な申請・届出をする必要がございます。申請を忘れたり、しなかったりした時には無効になってしまう事がございますのでご注意下さい。

①死亡届 7日以内に申請   
②国民年金、厚生年金、年金受給権者死亡届 早急に手続きが必要
③各種保険(生保・国保・健保・労保・簡保など) 早急に手続きが必要
④土地建物、預貯金、有価証券、電話、車等の所有権移転など 早急に手続きが必要

※葬儀後にはアフターフォロー担当のスタッフがお困りの事がないか等、お伺いさせて頂きます。ご不明な点等ございましたらお気軽にご相談下さい。

香典返し、四十九日法要、初盆、法事、お仏壇等について

香典返し、四十九日法要、初盆、法事、お仏壇等について
かずやグループ課長 岡本

心を込めたアフターフォローを

お葬儀の後は初七日法要のあと、香典返しのお送りや四十九日法要、初盆等がございます。
当社では法事会館を玉名大牟田に計3施設ご用意しており、会館内でのご法要も可能ですので、是非ご利用下さい。
また最近ではお仏壇のご相談が非常に増えております。モダンでお洒落な現代仏壇から伝統的な落ち着きある金仏壇等、九州最大級の品揃えにてご対応させて頂いております。
アフターフォロー担当のケアスタッフが心を込めてご案内させて頂きます。
ささいな事もお気軽にお問合わせ下さい。

かずやグループ 課長 岡本

Home > 葬儀の基礎知識
お問い合わせ
スタッフブログ
スタッフ募集
ページの上に戻る